ワックス不要のフローリングはコーティングも不要?

これが一番多い質問事項です。
ワックスとコーティング、似ていますが実は全くの別物です。
誤解の無いように一応説明しますがオプション会で良く販売している水性のコーティングと呼ばれるものは
コーティングではなくワックスの部類に入ります。なので不要と言う事になります。
この水性ウレタンコーティングと言うものは高級ワックスと呼ばれ普通の半樹脂ワックスへ微量のウレタンが
含有している為、普通のワックスよりも持ちが良いと言うものです。>
話しを戻しますが一般的にコーティングよ呼ばれるものは前項の水性ではなく油性塗料を指します。
有名なところですとUVコーティングやシリコンコーティング、ガラスコーティングです。
この油性塗料は水性塗料と異なり主に外壁でも使えるほどの耐久性がありますので基本、水性洗剤や
水で剥がれる事がありません。そのため長期的にメンテナンスフリーで効果が持続するんです。
これでご理解頂けたかと思います、ワックスは不要でもコーティングは必要なんです。
コーティングを施工しないと汚れが付着しやすくなり掃除が面倒になります。
またシート系フローリングは水分の吸収が良いので足跡や溢した食べ物の跡が消えなくなったりもします。
突板と比べシートフローリングは表面の仕上げ材が極端に薄いのでペットの爪で簡単に抉れてしまいます。
そういった保護の観点からも硬質な塗膜形成を施すコーティング施工は有効なんです。
良く見る掲示板では一度施工すると素人では剥がせないとありますが、それで良いんです。
剥がれてしまってはメンテナンスフリーになりませんよね?ワックスと同じです。
ワックスに何万円も支払う必要はありません。
この一度施工すると剥がれないようにキッチリ床材へ密着させるのが職人の技でもあります。

材料ではありません、豊富な知識と施工技術です

皆さんネットで業者選びを行いますと、どうしても価格へ寄ってしまいがちです。
高額な施工が決してベストな選択ではありませんが激安も非常に危険が潜んでいます。
業者のホームページを見て綺麗なホームページだから施工仕上がりも綺麗?
関係ありません、コーティングの種類や材料が同じシリーズだから何処へ頼んでも仕上がりは同じ?
それは大きな誤解です。
ウエイト的には材料よりも施工する職人の采配が大きく占めてします。
どんなに良い材料を使用しても相応しい腕裁きができないと宝の持ち腐れってやつです。
良い材料に熟練の職人で初めて綺麗に仕上がるのがコーティングです。

長期保証で選んでは駄目です

フローリングへ施工するコーティングも歴史は概ね15年を超えてきたところなのに
非常識な長期保証がネットでは話題です。
最初は10年保証だったのが今では40年保証なんて言うショップもあります。
そもそも、そのショップは社歴何年なんでしょう?まさか4〜5年の会社だったりして(笑)
またフローリングの寿命は何年なんでしょう?
施工するコーティング剤は本当に40年後にも存在するんでしょうか?
聞くのもやぼですね。
概ね保証の対象になっている塗膜の剥がれについてですが自然剥離現象は施工直後〜約半年程度で現れます。
まず2年後にでる事はありません。
せいぜい1年保証もついていれば問題無いレベルです。
この過剰な保証期間こそ施工や価格に自信が無い事が伺えますね。
私なら敢えてその店には頼まないでしょう。

トップページへ